退職代行を使ったその後が怖い!?【会社から連絡がこない方法教えます】

会社辞めたい人
・退職代行使いたいけど、使った後が怖い
・退職代行使ったら会社から連絡くるの?
・会社の人が家にきたらどうしよう

 

 

このような疑問に答えていきます。

 

 

最近話題の退職代行ですが、退職代行を使ってサクッと辞められるのか不安ですよね?

 

もし、辞めたくてしかたない会社から連絡がきたり何か自分で対応しなければいけない内容があったら利用するの怖いですよね…

 

 

そこで今回は退職代行を使ったその後について詳しくお話ししていきたいと思います。

 

本記事では下記の内容がわかります。

 

記事の内容

  • 退職代行を使ったその後に会社から連絡がくるのか
  • 会社からの連絡や訪問を回避する方法
  • 退職代行を使う前にやっておくこと

 

退職代行を使っても基本的に連絡はこない!サクッと辞められます

 

まず結論ですが、退職代行を使っても会社から連絡はきません。安心してください。

 

詳しくはこれからお伝えしますが、このようなつぶやきを見ると不安になりますよね…

 

しかし、このようなパターンはレアケースです。

 

ほとんどの場合、退職代行にお願いしたらその後に連絡がくることはありません。

 

会社は退職の意思を表示している人に対してその意思を尊重しなければなりません。

 

もちろん引き留める行為も基本的にはしてはいけませんので、退職代行の担当者から連絡があった場合、会社側は退職代行の担当者が伝える内容を飲むしかありません。

 

 

では、なぜ先ほどのつぶやきのように会社から連絡があったり訪問するケースがでてくるのでしょうか?

 

会社側も連絡しないといけない事情があったりします。

 

必ず引継ぎ関係の書類を作っておく

 

会社から連絡がくるケースはほとんどの場合、引継ぎ関係であることが多いです。

 

業務内容や取引先とのやり取りなど、あなたしかわからない内容がある場合、会社側はあなたに連絡するしかありません。

 

 

会社としてはあなたが辞めたことで取引先に迷惑をかけるわけにはいかないですからね。

 

なので、退職を決意した日からコツコツと誰がみてもわかるような引継ぎ用の資料を作成しておきましょう。

 

 

パソコン作業が多い職場であれば勤務時間中にパソコンで引継ぎ資料を作成することはそこまで難しくないと思います。

 

 

パソコン作業が難しい職場の人は紙にまとめておきましょう。

 

弁護士がやっている退職代行会社にする

 

退職代行会社には2つの種類が存在します。

 

  • 弁護士が退職代行業務を行っている
  • 弁護士ではない人が退職代行業務を行っている

 

こちらの2つです。

 

大きな違いは【会社側と交渉ができるか】この1点です。

 

交渉というのは、

  • 有休消化
  • 退職金
  • 残業代
  • 給与の未払い
  • 離職票
  • 残務の引継ぎ調整

などが該当します。

 

このような交渉を弁護士資格がない人が行うと【非弁行為】に該当します。

 

たとえ顧問弁護士が指導していたとしても、会社との交渉を弁護士資格がない人が行ってしまうと非弁行為になります。

 

 

弁護士がいない退職代行会社に依頼する場合に許される範囲は【退職の意思を会社側に伝える】ことだけです。

 

 

会社や退職希望者からの要求内容に関して交渉してしまうと弁護士法違反になってしまいます。

 

 

最悪のケースとして、会社から退職を伴うことで発生した損害について訴えられてしまいそうな場合、弁護士でないと何も対応できません。

 

 

なので、絶対に失敗したくない人は必ず弁護士がやっている退職代行サービスを利用しましょう。

 

スポンサーリンク

退職代行を弁護士に任せるメリット

 

弁護士がやってる退職代行会社へ依頼する場合のメリットは大きく3つあります。

 

  • 退職を失敗する可能性が限りなく少ない
  • 未払い賃金や残業代など交渉も可能
  • 損害賠償請求されたとしても安心

 

それぞれについて解説していきます。

 

退職を失敗する可能性が限りなく少ない

 

失敗のリスクがほとんどないとうのが弁護士に依頼する最大のメリットです。

 

弁護士ではない退職代行会社に頼んだ場合、会社側が対応しませんというスタンスだと要求を飲んでもらうために【交渉】が必要になります。

 

 

退職日の交渉も弁護士でないとできない内容なので、一般の退職代行会社では失敗する可能性が大きくなります。

 

 

弁護士は会社側と交渉できる立場なので、会社側が様々な要求をしてきたとしても適切に対応することができるので安心です。

 

 

未払い賃金や残業代など交渉も可能

 

こちらも弁護士に頼む大きなメリットの1つです。

 

自分自身で退職の意思を伝える場合、大きな障害となるのがお金と有休関係です。

 

退職は受理されたとしても、

 

会社の声
・有休消化は認めない!
・会社に迷惑かけてるんだから退職金は払わない!
・今までの残業代は払うつもりはない!

このようなことを会社の担当者が行ってきた場合に、

 

辞めたい人
退職できただけでもいい…
どうせOKしてくれないから諦めるしかない

 

と、あきらめてしまう場合が多いのではないでしょうか?

 

しかし、上記の内容は弁護士であれば交渉することができます。

 

サービス残業や労働者の権利を阻害するような場合には法律にのっとりしっかりと対応してくれます。

 

損害賠償請求されたとしても安心

 

基本的には損害賠償請求をされるケースはほとんどありませんが、万が一会社側から訴えられたとしても、弁護士に依頼していれば適切に対応してくれます。

 

 

ブラック企業などの場合は、1人退職するだけで会社の経営が傾くこともあるので辞めるなら訴えるぞ!!

 

 

と、いってくるケースもありますが退職者本人にいうことはあってもプロである弁護士相手に行ってくる可能性は低いでしょう。

 

 

もし万が一弁護士に損害賠償請求の件をいってきたとしても、裁判にかかる労力を考えると現実的ではないのでふっかけてきているだけというケースがほとんどでしょう。

 

 

スポンサーリンク

オススメの退職代行会社はこちらです

 

弁護士がやっている退職代行の会社はたくさんありますが、今回は特にオススメの2社をご紹介します。

 

どちらも退職代行の実績があるので安心して利用できます。

 

弁護士法人みやび(旧汐留パートナーズ)

 

弁護士法人みやび(旧汐留パートナーズ)

 

もともと汐留パートナーズ弁護士事務所という名前で運営していましたが、現在は弁護士法人みやびという名前に変わりました。

 

 

弁護士法人みやびは相談から退職の連絡まですべて弁護士が対応してくれます。

 

最初の問い合わせは電話だけではなくLINEやメールで受付可能です。

 

相談は無料ですが、料金は54,000円と少し高めです。

その他に残業代などの交渉に関しては成功報酬として20%費用がかかります。

 

基本的には電話でのやり取りがメインになるので全国どこに住んでいる人でも対応可能です。

 

受付時間は10時から21時までとなっています。

 

お金関係の交渉はオプション料金となりますが、オプションには着手金はなく成功報酬型となっているので、辞めたら訴えられそう、残業代や未払い賃金など交渉が長引きそうな場合などにはオススメな退職代行サービスです。

 

 

退職代行NEXT

 

退職代行NEXT

 

退職代行NEXTは豊楽法律事務所という弁護士事務所が運営しています。

 

先ほどの弁護士法人みやびと比べると少しマイナーではありますが、その分料金が安く利用しやすくなっています。

 

利用料は30,000円です。

 

一般的な退職代行会社(弁護士なし)とほとんど同じ料金設定なのは魅力ですね。

 

料金が安いからといってサービスの質が悪いということではなく弁護士が交渉してくれるのでお金や有休関係の話もしっかりできます。

 

電話の場合は9時から19時までですが、LINEとメールであれば24時間問い合わせに対応しています。

 

お金や有休関係など退職に伴って発生する一般的な交渉事だけで済む場合には非常にオススメの退職代行会社です。

 

退職代行を使う前に転職サービスに登録しておく

 

登録だけしておきましょう

 

退職代行を使って退職できたとしてもほとんどの人は次の働き先を探さなければいけません。

 

最近は退職代行会社が次の就職先まで斡旋していることもありますが、個人的にはオススメしません。

 

退職の件でお世話になった会社からの紹介となると、もし仮に再就職先の条件に不満があった場合でも断りづらくなってしまいます。

 

 

なので、自分自身で転職サイトに登録して就職先を見つけることをオススメします。

 

最近は転職サービスの会社の多くは転職エージェントに相談できるケースが増えていますので、もし自分で就職先をみつけるのが難しいという人はエージェントに相談してみましょう。

 

自分の市場価値を把握することができます!

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回の記事では、

  • 退職代行を使ったその後に会社から連絡がくるのか
  • 会社からの連絡や訪問をさける方法
  • 退職代行を使う前にやっておくこと

 

について、お話をしていきました。

弁護士が運営している退職代行会社に依頼することでほぼ100%連絡はきませんので退職代行を使って退職を考えている人はその視点で退職代行会社を選びましょう。

 

 

今回オススメした2つの退職代行会社はどちらも相談だけであれば無料ですので、まずはLINEで気軽に問い合わせてみましょう!!

 

 

辛い気持ちで毎日会社へ行く地獄から早く解放されることを願っています。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事