退職代行を使われた!体験したからわかることをお伝えします【リアル】

辞めたい人
会社いきたくない、、、
辞めると言い出せなくてつらい、、

サラリーマン
うちの会社に退職代行から依頼がきたらどうなるんだろ。。
ちゃんと対応するのかな。。。
上司からOKでないだろな。。。

TAKU

辞めたい人も残っている人も色々と悩みがあるみたいですね、、、

TAKUが働いている会社にもついに退職代行を使う人間が現れました!!

実際どんな感じで話が進んでいったか教えますね。

と、いうわけで今回はこのような悩みにお答えします。
実際に退職代行サービスを使われた場合どうなるのか、使った本人はどのように辞めていったのかをリアルにお伝えします。
実際の僕の会社に退職代行から連絡が来てちょっとした祭りになりましたので、ご紹介したいと思います!笑

 

 

ある日突然退職代行から会社に電話がかかってきました。

 

退職代行の人

私、〇〇さんの代理のものですが〇〇さんは退職したいと申しております。

今後の窓口は私になりますので、よろしくお願いします。

急に、こんな感じの内容の電話がかかってきました。
そのあとは上司が対応したのですが、こんな内容でした。

会話の要点

  • 退職届などの書類は郵送する
  • 会社からの貸与品の返却も郵送する
  • 今後本人が会社へ行くことはない
  • 本人へ連絡してはいけない
  • なにかあれば退職代行の担当に連絡するように

 

会社の人

え!?引継ぎどうすんの?

今日から来ない???

本人に連絡しちゃダメ!?

こんな感じで完全にパニック状態になりました。笑
法律に関わる交渉などは弁護士しかできない決まりなのですが、この退職代行の会社がまさかの弁護士事務所がやっているところだったので、そのへんの対応もばっちりでした。
その為、退職代行側の言い分を会社は完全に飲むしかありませんでした。
まあ、本人が辞めたいと言ってるので無理矢理会社にきてもらうなんてことはできませんよね。
当然有休も全部消化してから退職という最高の条件でその社員はやめていきました。
僕としてはもっと会社が反発したりしてもめるのかと思っていたのですが、揉めるどころか相手の要求をすべて飲んで終わりという衝撃的な形で幕を下ろしました。
そこで僕は思いました。
『退職代行ってめっちゃ有能じゃね?
僕は今の仕事が好きなので辞めませんが、
  • 上司の詰めがきつくて精神が壊れる
  • セクハラ、パワハラがきつい
  • 人員不足を理由に退職日を伸ばされている
  • 辞めてもいいけど有休消化なんてゆるさん!!
こんな感じの人たちって今すぐ退職代行にお願いしたらソッコウで辞めらますよね。
会社に迷惑かかるから仕方なく残っていたり、詰めに耐えてるのが当たり前だと精神をすり減らしている人って、その会社以外の人に相談すると100%『なんでやめないの?』といわれるはず。
『今辞めたら、仕事まわらなくなるから、、、』
など、それっぽい言い訳してますが、会社にある意味洗脳されてしまってますね。。。
同じような条件で別の会社で働いている友人に対してあなたもきっと『なんでやめないの?』と声をかけるはずです。
長く働いていたり、それなりのポジションにいると【会社の為】という発想が邪魔することになります。
悩んでいる時間はもったいないので、すぐに退職代行を使うのもありだと思います。

気になる退職代行の料金は?

 

 

気になったので、調べてみましたが意外と安くてびっくりしました。

 

一般 弁護士事務所
正社員 25,000円~50,000円 19,900円~65,000円
アルバイト 25,000円~40,000円 19,900円~65,000円

 

弁護士事務所に依頼する場合は料金が高いですが、一般の退職代行会社の場合最安で25,000円で代わりに退職の話を進めてくれるんですね。
すごい時代になりましたね!笑
アルバイトも対象になっているのに衝撃を受けました!!
アルバイトでも辞めると言いづらい時代になったんですね、、、。
僕がバイトしてた時代はバックレが当たり前だったので、今の時代の人たちは真面目な人が多いんでしょうね。
会社に行くのがつらいという人からすると2万円代でもう一生いかなくていいのは魅力ですね。

退職代行業者の選び方を間違えるとトラブルになる!?

 

 

退職代行業者の数は年々増えているそうです。

 

中には違法なことをやっている業者や、円満に退職できたと依頼者に嘘をついて料金だけもらって音信不通という業者もいるそうです。

 

せっかくお金を払って依頼するからには失敗したくないですよね。

 

退職代行会社は大きく分けて2つあります。

 

  • 弁護士がいる退職代行会社
  • 弁護士がいない退職代行会社
弁護士がいるかいないかの違いが存在します。
弁護士の場合、会社との交渉が可能です。
その為、『退職日、未払い残業代、有休消化』の交渉を行うことができます。
弁護士がいない会社の場合、退職希望者の意思をそのまま伝えたり、退職に必要な事務的な書類の処理を行う程度しかできません。
弁護士がいないにも関わらず、このあたりの交渉をしている場合は弁護士法に抵触してしまう可能性があります。
中には労働組合として会社と交渉にあたるので合法というところもありますが、すべての退職代行会社がそうではありません。
なので、弁護士がいない退職代行会社の場合は退職が失敗する可能性があります。

オススメの退職代行会社はこれ!

そんなわけで、失敗せずに退職したい場合にオススメの退職代行会社を紹介します。

オススメの退職代行会社はこの2つ

弁護士監修の退職代行会社です。

LINEと電話で24時間対応しています!LINEで相談できるのは気軽でいいですね!!

料金は29,800円(税込)と安いのが魅力です!!

万が一退職できない場合は全額返金してくれるので安心ですね。

 

こちらは弁護士事務所です。こちらも24時間LINEとメールで相談を受け付けています。

相談は無料で対応してくれます!

料金は55,000円(税込)ですが弁護士事務所の為あらゆる交渉に対応してくれます。

退職金や未払の残業代請求、有休消化などの交渉をお願いしたい場合はこちらがオススメです。

 

あなた自身が特に会社と大きな交渉を必要としないのであれば、一般に退職代行会社でいいと思いますが様々な交渉を必要とする場合は弁護士事務所がやっている退職代行サービスを使うのがいいと思います。

 

 

万が一失敗するということを考えると、値段は高くなりますが弁護士にお任せしたほうが安心ですね。

 

会社によっては辞められたら仕事が回らなくて困るという理由で損害賠償を求めてくるケースも過去の事例であるそうです。

 

なので、このようなトラブルが発生するかもしれない会社にお勤めの人はお金をケチらずに弁護士事務所に相談する方がいいですね。

 

 

辞める前に次に仕事を見つけておくこと!!

 

 

退職代行を使ってめでたく退職できたとしても、次の会社が見つかっていなければ路頭に迷ってしまいます。

 

 

なので、その前に仕事を探しておくことをオススメします。

 

やり方は2つあります。

 

仕事の探し方

  • 退職代行会社が提携している転職支援サービスを使う
  • 自分で転職サイトや転職エージェントに登録して探す

 

この2つです。

 

退職代行会社が提携している転職支援サービスを使う

 

うまく退職することができたとしても、有休がなければその日から無職です。

 

 

そうならないように退職代行会社が転職サポートを実施しています。

 

世の中うまくできていますね。笑

 

無事に退職できたらそのあとに転職の相談(カウンセリング)をして適職を紹介してくれるというサービスです。

 

 

有名な退職代行会社は今はほとんど転職までサポートしています。

 

 

次の仕事どうしようと悩んでいるのであればそれも含めて相談してみるのをオススメします。

 

 

しかし、中には紹介できる転職先がある特定の業種に偏っていたり、あまり条件のいい会社ではなかったりということもあるそうです。

 

 

退職の件でお世話になってしまっているので、あなたがピンとこない転職先を紹介されたとしてもなんか断りづらい感じになってしまいますよね。。。

 

自分で転職サイトや転職エージェントに登録して探す

 

僕は自分で転職サイトや転職エージェントに登録することをオススメします。

 

つてがないので、転職成功までは正直きつい道のりですが自分が納得できる会社を選ぶことができます。

 

退職代行を使って今の会社を辞める予定です。と素直に転職エージェントに相談するのもありだと思います。

 

 

こちらにまずは登録だけでもしておきましょう!!

 

とりあえずいくつか転職サイトと転職エージェントに登録してあなたの経験が役立つ会社を見つけてみましょう。

 

苦しんでいるなら悩まずすぐに相談しよう

 

 

今もつらい状況に追い込まれて会社に行きたくないと本気で感じていると思います。

 

そんな無理していく必要はないですよ。

 

辛い思いをして苦しみながら仕事をするより、楽しく働けた方がいいですよね?

 

 

まずは無料相談でもいいので今の環境から抜け出す一歩を踏み出してみましょう。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事